2020年 教え方セミナー

🍀午前 5月の国語の授業を制する指導方法

🍀午後「国語の指導スキルを音楽の授業に応用する」(授業づくり編)

 

小学校・中学校・特別支援学校の先生、学生向けの講座です。

※参加される皆様へ

 お申込みありがとうございます。MLにて詳細を案内しております。

 受信可能なメールアドレスをお知らせください。

 

令和2年4月29日祝日

  • 午前10:00~12:00
  • 午後13:00~15:00
  • 場所:国立女性教育会館(ヌエック)実技研修棟 音楽室   

主催 法則化鳩山

午前 5月の国語の授業を制する指導方法

教科書が大幅に改定。授業内容は変わっても基本的な指導スキルとパーツは変わりません。45分の授業をシステム化して、ぶれない教授業づくりをしてみましょう。

 

1 国語の基本指導

①漢字指導

②辞書引き指導 ③音読指導

④音読指導

⑤説明文の基本

※特別支援教育的な観点からの解説

2 模擬授業体験

3 45分間の国語の授業を再現

  サークル員が普段の授業を再現します。

  リズムやテンポを体感してください。

4 授業づくり QA

※お昼休憩が1時間。一緒に食べて悩みなど話しましょう。

午後「国語の指導スキルを音楽の授業に応用する」(授業づくり編)

 

スキル&パーツ活用事典シリーズが出て、授業をパーツで組み立てることの大切さが浮き彫りになりました。それは教科ごとに縦割りでなく、教科を横断したスキルとして現役教師たちがどのように実践し、日常に転用しているか。他教科にも応用している様子を大公開します。また、参加者の方からのアイデアも頂きなら、より深い授業づくりを考えていきましょう。

 

1漢字指導を記譜指導に生かす

 指書き、空書き、なぞり書き、は新しい言葉(記号)を獲得する時の

 基本パーツだと言えます。同じスキルで子どもの達成感を高めます。

 

2音読指導を新曲を生かす

 音読のバリエーションで リズムとテンポでつくる授業づくりを目指します。

 

3書く指導を鑑賞指導に生かす書き方や観点を教えることが大事 。

 しかし書くだ けが鑑賞ではありません。

 色々な 鑑賞の仕方を 披露します 。

 

4真似する指導をリコーダー指導に生かす

 3年生から始まるリコーダー 。 

 何年生でも できない子でもできるようになる指導です。

 

5評定指導を学習指導・生徒指導に生かす

 あと一歩子どもの力を伸ばしたい評定することで、子どもが激変します。

 

6模擬授業体験

 

7授業づくり QA

会場:国立女性教育会館(ヌエック)

2020の夏 中学校の先生方を対象としたセミナー